読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼりの日記

渋谷のwebライターが映画や本の感想をあげていくブログです。

新海誠作品をみて、純愛はあらためてクソだと思った。

f:id:roxas5214310:20160904230251p:plain

(画像:https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=12470)

AbemaTVで新海誠作品が一挙放送されていたので、見ました!いや、すごいの一言でしたね。感動しましたし、切なくなりました。新海監督作品は素晴らしい!!!

だが、しかし、、、、、、、、、、、、

最近、こういった純愛作品に対して、嫌悪感も感じるようになりました。。私の心が汚れきっているとすればそれまでですが、なぜなのか考えてみました。

 

純愛はフィクションの中でしか生きられない

f:id:roxas5214310:20160905101721j:plain

新海監督の「言の葉の庭」、「秒速5センチメートル」では、なかなか好きと言えない男女のもどかしい関係を描いており、美しいものがありました。ただ、それはフィクションの中だからではないでしょうか?

純愛とストーカーは紙一重

私は、純愛とストーカーは紙一重だと思っています。何年も一人の異性を思い続けることは、端から見て異常です。さっさと告白して、ふられたら次にいく。それが普通だと思います。以下のようなケースが「純愛」なのでしょうか?

www.sankei.com

初物信仰とその危険性

純愛信仰の中に初物信仰というものがあります。初めての物や事象は尊く、価値があるという考え方です。日本人には、この初物信仰というものが強く息づいていると思われます。初ガツオ、初日の出などなど。恋愛の中でいえば、処女厨、初恋、幼馴染信仰などです。特に、恋愛禁止が売りのアイドルなど日本だけです。初恋を美化する作品など多いですよね。初恋も素晴らしいとは思いますが、社会人になって、結婚したカップルや熟年結婚も同じぐらいすばらしいのではないでしょうか?

初めての体験に執着し、未練をずるずる引きずる人が増えれば、社会的に良くない影響が出るでしょう。例えば、少子化、ストーカーなどです。

純愛は現実にあらず

新海監督の秒速5センチメートル」は、幼馴染との初恋を描いた作品ですが、共通点が多く、共感する部分も多々ありました。

f:id:roxas5214310:20160905102046j:plain

片思いは一方的な記憶の美化

私もこの作品の主人公も転勤族の家族を持ち、転校を複数回しているという点で共通していて、思わず自分自身を投影してしまいました。私は、ニューヨークの日本人学校に小学校2年から6年まで在籍していました。当時、同じクラスにもなり、好きだった子がいたのですが、5年生の終わりごろにその子が帰国することに。その際に、手紙を貰ったことがすごく嬉しくかったです。結局、手紙の返信は恥ずかしさもあってしなかったのですが、いい思い出として心に強く残っていました。ただ、彼女に大人になって聞いてみたところ、まったく覚えてないとのことでした。

 

純愛信仰を捨てて、現実を見よう

一人の人を想い続けていても無駄です。

"恋愛は数打ちゃ当たる"でしかないことはデータも証明しています。以下は、リクルートブライダル総研のデータです。

恋愛・婚活|マーケットを読む・調査データ|リクルート ブライダル総研

この調査によれば、「恋人がいる」「恋人がいない(交際経験有)」「恋人がいない(交際経験無)」の順で告白した平均人数が多く、恋人の有無は告白した人数の多さと関係しているとのこと。

嫌悪感の正体

f:id:roxas5214310:20160905110028j:plain

私が最近、純愛映画を見た際に嫌悪感を覚えるのは、リアルな描写が多い割に現実と切り離して考えなければいけないからだと思います。こういうシチュエーションがあったらなと妄想を膨らませるのですが、上映が終わった瞬間、一気に現実に引き戻され、興ざめしてしまう自分がいます。

妄想好きな皆さん、現実とフィクションを混同しない強い心を持ちましょう!