読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼりの日記

渋谷のwebライターが映画や本の感想をあげていくブログです。

やったことがないことを簡単にできますと言ってはいけないのか?

昨日、某ベンチャー主催の社員交流会に行ってきました。その時、ある社会人の方とお話していて、ふと思うことがあったので、記しておきます。以下がざっくりですが、その時の会話です。

私「BtoBとBtoCのサービスだと一般的には、BtoBの方が手堅く利益を上げられると思うんですよね。」

Aさん「え、なんで?」

私「例えば、外資コンサルで10年経験を積んで、その経験を活かしてコンサル業をやるのとC向けのサービスを作り続けるのだったら、前者の方が確実性が高いですよね?」

Aさん「確かに、そういう側面はあるかもしれない。でも、簡単にそんなこと言うべきじゃないよ。」

私「え、なんでですか?」

Aさん「実際にコンサルで10年経験を積んで年商10億稼げる人が言うなら、わかる。でも、やったことない人が、そんなこと簡単にできるよなんて言わないほうがいいよ。」

確かに、失礼な言い方をしてしまったなと反省する反面で、本当にそうなのかなという疑問もふつふつと湧いてきました。

 

大口、軽口を叩くのはよくないのか?

f:id:roxas5214310:20160909035810j:plain

私の理解力や説明能力がない部分もあるでしょう。ただ、やったことがない人が簡単にできますと口にすることはよくないのでしょうか? 例えば、新卒で営業職で採用された場合、研修が終わり次第現場に立つことになるでしょう。その際に、歴代最高記録を作ってみせますと目標を高く設定することは悪いことなのでしょうか?

 最初の例はあまり良くない例だと思うので、もう一つ例を。私の知人で「1兆円企業を作ってみせます。」と豪語する学生起業家がいます。これも良くないことなんでしょうか? 

軽口を叩くことは、反感を買うこともありますし、実績のない大口はホラ吹きと見られても仕方ありません。ただ、誰もがはじめは実績がないのだし、最初から堅実なことだけを口にするようでは、縮こまった低い目標しかたてられないと思います。富士山登頂より、エベレスト登頂失敗の方がその後の成長角度は高くなるのではないでしょうか?

 

私の言い方が悪かったのかもしれません。いずれにせよ、早く実績を作れる人間になれるよう目の前のできることを増やしていきます。